2017-06-08
17:52:29

武道館寺子屋が始まりました

 平成29年度武道館寺子屋が6月2日より始まりました。
武道館寺子屋とは、学習と運動を両立させバランスのとれた子供の育成を図る、静岡県体育協会が主催し静岡県教育委員会が共催しているプログラムです。
 学習プログラムでは自習を主とし、「きまった時刻に、きまった場所で、おしゃべりなしで集中して勉強に取り組む」ことを目標に、分からないことがあると手を挙げて先生に質問して自己の課題解決をすることにつなげます。初日はみな緊張しているのか少し表情が硬く感じましたが、時間がたつにつれ徐々に積極的に手を挙げたり課題プリントに取り組んだりと子供たちの変化を感じることが出来ました。
 運動プログラムでは毎回種目が変わり多くの運動を通じて自分に合った種目を見出し、スポーツ競技に必要な技術を獲得するための基礎となる能力を高めます。そして将来のスポーツ活動への方向性を示します。
運動では、静かに集中して勉強に取り組んでいた時とは一変して、元気で明るく大きな声が大道場にたくさん響きました。簡単な動きから徐々に難しくなっていく中で、子供たちから多くの「できた―。」という声があちらこちらから聞こえてきました。小さくてもできたことが喜びとなり、それを積み重ねていくことで、自信なっていくということを改めて子供たちの表情から感じました。
 武道館寺子屋では、「礼儀」も大切にします。当たり前のことを当たり前にできるよう「あいさつ」を大切にして生きたと考えています。最初は恥ずかしがっていた子供たちも、帰りにはおきな声であいさつし子供の変化を感じることが出来ました。
武道館寺子屋のプログラムを通じて、子供たちの将来の可能性を大きく広げる一助となればと思います。